美人の心意気

【体験談】片付けられない人は、大切なものを見失っているだけ

トマトさん
トマトさん
部屋がすごく散らかっている。いい加減片付けてくれないかな。

す、す、すみません。
ご迷惑をおかけしていることは十分にわかっております。片付けられないんです。。

このブログを書いている私は、もうやだ〜と限界がきて一気に片付けるタイプでして、自分の限界が先にくるときはいいんですけども、相手の限界が先にくるときは、ごめんなさいです。

先日、限界は来ずとも片付けました。気づきがあったので書いておこうと思います。

このブログを読むと、片付けられない人を片付け名人へと変身させられるようになります。

捨てる作業はものすごく頭を使う

今回の片付けでは、服・本・メイク道具・小物など、45Lの袋5つ分を捨てました。

※全部入りきらなかったので写真は2つ分

捨てるって、ものすごく頭を使いますね。

・これはいるか、いらないか。
・今後も使うか、使わないか。
・今からでも買いたいか、買いたくないか。
・あることによって気分が上がるか、上がらないか。

1つ1つに対して自問自答をしていくので、集中力と決断力を要します。

・疲れている
・他にやることがある
・時間がない
・やる気が起こらない

となると、めんどくさい が大活躍!

片付けは後回しとなり、お部屋は汚部屋へとなってしまいます。。

片付けられない人は、大切なものを見失っているだけ

捨てる作業では、

・これはいるか、いらないか。
・今後も使うか、使わないか。
・今からでも買いたいか、買わないか。
・あることによって気分が上がるか、上がらないか。

いらないか?使わないか?買わないか?上がらないか?と「捨てること」にエネルギーがかかっているように見えますよね。

でも実際は、いるか?使うか?買いたいか?上がるか?と「大切なものを見極める」ことにエネルギーが使われています。つまり、

片付けとは、大切にしたいものの選択。

大切にしたいものが分からないと、いつまでも保有してしまいます。
持っていても結局使わないのに、まだ使えるからとか、もったいないとか、高かったからとか、もらい物だからとかで持ち続けてしまうのです。

大切にしたいものを認識させるお手伝いをしてあげよう

今回の片付けでネイルを全廃棄しました。管理栄養士という職業柄、手にネイルをすることは皆無です。ただまあ、足元くらいはおしゃれしたいんですよね。

これまでは自分で足ネイルをしていたけれど、よれてはやり直しを繰り返すことですごく疲れます。時間も取られますし。で、

ネイルサロンでやってもらえばいいや!と判断しました。自分でやるよりお金はかかりますけどね。

この場合における大切にしたいものとは、「元気でいること」と「時間」です。

元気でいることと時間を大切にしたいものとして認識できたから、ネイルを全廃棄することができました。ここが認識できていなかったり曖昧だと、捨てることはできなかったですね。

限界がくる前に片付けたくなった理由は、こちらの記事に書いた1冊の本の影響です。

【感想】エッセンシャル思考を読んで、断る勇気がいらないくらい上手な言い方を実践!グレック・マキューン著エッセンシャル思考を読んだ感想です。この本を読んで、上手に断る言い方を実践したらいいことがありました...

エッセンシャル思考という本を読み、大切なものを認識するお手伝いをしてもらいました。読む前の古い私が集めたものが合わなくなった結果、45Lの袋5つ分を捨てていました。

まとめ;今後の方針

大切なものを見失っている人に対して、片付けなさい!と頭ごなしに言っても、対立が起こるだけ。もしくは、うるさいなあと思われるだけ。

ならば、大切にしていきたいものを認識させるお手伝いをしようと思いました。

なーんちゃって!
本を読むといいよって渡しますw
エッセンシャル思考

 

今回は私の体験談を元に、片付けられない人の本質と対策を考察しました。
それではごきげんよう。