美人の心意気

溜め込み不美人克服講座【マウンティングや嫌味をそれとなくひと言で黙らせよう】

トマトさん
トマトさん
美容ドリンクを飲み始めたといえば、「それよりアレがいいよ」と言ってきたり、野菜ジュースを飲んでいると「それ意味ないよー」とか言ってくる人、なんなん?

放っておいてくれたらいいのにねー。
求めてもいないアドバイスは不快だし、なにが正解かは自分自身で見出すこのご時世、答えを見つけ出そうとしているところを踏みにじられるのは迷惑ですね。

嫌だなと思いながらも黙って堪えているうちに、表情が曇ってくるんですよね。
本来誰しも美人なのにどんどん光が褪せてきます。

まるで、左のオクラが右のオクラになるように。


うまく脱出できないと病気になるかもしれないし、家族や友人をサンドバッグにしてしまうかもしれない。

嫌味な人のために、あなたが不美人になる必要はないんです。
人と争うこと、闘うことで、本当に大切なものを守れる。そういう手法もあるんです。

管理栄養士を看板に掲げて仕事をしていると、マウンティング女子やヘルスハラスメントに度々遭遇します。幸いにも私は、仕掛けてくる相手の心が見えることもあり、速やかにご退出いただいております。

争いごとがキライなあなたに、争わずして嫌味な人を撃退する方法をこっそり伝授しますね。

溜め込み不美人を克服するぞ、えいえいおー!

マウンティング女子には、オウム返し

マウンティング女子は、他者を自分より上か下かでしか見れません。

上だと判断した人には媚びへつらい、下だと判断した人には「あんたよりあたしの方が優っているんだからね!」と優位性をアピールしてきます。

動物園にいるあの人気者と同じです。

マウンティング(mounting):多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。

お猿さんの本能丸出しの人間、それがマウンティング女子です。

いかんせんお猿さんなので、他者の話を聞いていないし、自分がいっていることを理解していません。

猿:え?管理栄養士さんなのに牛乳飲むんですね。
私:そうですね~、カルシウム補給です
猿:でも、牛乳は◯×▲■(リスクの持論展開)
私:牛乳は◯×▲■だから、管理栄養士が牛乳を飲むのは不思議ということですか?
猿:いや、そういうことじゃなくて…

これは実際にあった会話なんですけど、脊髄反射で会話をしているのがわかりますよね。
反射なので、なーんにも聞いてないし考えてません。

オウム返しをしてあげることで、客観性の芽がムクムクと出てくるのでしょう。放った言葉の影響をご理解いただけます。

マウンティングには、忍法オウム返しの術で撃退しよう!

ヘルスハラスメントには、好き

同業さんからクレームがきそうなのであまり言いたくないのですが、論理は感情には敵いません。「好きだからやめられない」と感情を持ち出されると、論理では太刀打ちできなくなります。

野菜ジュースを飲んでいるときに「意味ないよー!」と言われたり、玄米と白米を選べるお店で白米を選んだら「玄米の方がいいのにー!」とか言われたら、

これが好きなんです

必殺感情論で応戦すると、始まった瞬間に終戦を迎えるでしょうw

ちなみにですが、玄米は無条件にいいわけでもないですよ。

お米で肌磨き。玄米と白米と分づき米と雑穀と、今日はどれを食べようか?【体質・体調・性格・理想の容姿で選ぼう】代官山にあるハイエンドなファッションブランド取り扱うGUEST LIST様が運営する、webマガジンでコラムを書かせていただいています。...

食事サポートをしている管理栄養士は多いですが、結果にコミットできる方は感情込みでプランを立ててくれるはず。

そうしないと挫折しちゃいますからね〜

「あなたのためを思って」はあなたのためではない

この人は私のためを思って言ってくれているんだ!と思いたいですよね〜。

でも残念ながら、この記事を読んでらっしゃるあなたに対してこれを言ってくる相手は、あなたのためを思って言っているのではないでしょう。少しはあるかもしれないけど、大半はお相手ご本人のために言ってます。

ちょっと心の中をのぞいてみましょう。

■食事にあれこれいうのは、あなたのためを思って。
病気になられると、自分の出費が増えるから。体型が崩れた相手と一緒に歩くのは、自分が恥ずかしいから。

■ファッションに口出しするのは、あなたのためを思って。
連れて歩く相手がダサいと、自分が恥ずかしいから。

■仕事ぶりにダメ出しをするのは、あなたのためを思って。
成長してくれないと、自分が上司から怒られるから。自分の給料が上がらないから。

■勉強しなさい!とうるさくいうのは、あなたのためを思って。
いい大学に行って、いい会社に就職してくれると、自分が安心するから。

ほらね。

自分の思い通りにしたいけど相手がそうならない時、さも相手のことを思っているかのように使う言葉。それが「あなたのためを思って」です。

お相手はあなたのためを思って言っているのではありません。

だから、あなたが嫌だと感じたらNOを伝えればいいんですよ。

まとめ

マウンティングにはオウム返し、ハラスメントには「好き(キライも可)」で、キックやパンチ以上のダメージを与えてあげましょう。

この人には敵わない・・・と思わせたら、吹っかけられることもなくなります。平和です。

遠慮ばかりしていては、本当に大切な人も自分の心身でさえも守れなくなるのですからね。

勇気を出して、GO!GO!Go for it!!

 

今回は、溜め込み不美人克服講座をテーマに書きました。
それではごきげんよう。