ライフステージ

市販の漬け物に入っている添加物が気になるなら、無印『発酵ぬかどこ』を使ってみよう

トマトさん
トマトさん
市販の漬け物って、どれも添加物が入っているよね…
かといって、ぬか床を0から作るほどの時間もないし、めんどくさいし。

使ってみましたよ、無印の発酵ぬかどこ。

失敗も包み隠さず、レビューをまとめていきます!

無印の『発酵ぬかどこ』ってどんなもの?

『発酵ぬかどこ』の原材料は、米ぬか(国産)、食塩、昆布、唐辛子、ビール酵母と書いてあります。

ぬか床は本来、糠の中にいる乳酸菌や酵母などが活動して発酵するので、ビール酵母を入れることによって発酵を促しているのでしょう。
そしてこのビール酵母を加えることによって、パッケージに書かれている “あらかじめ発酵されているので、そのまま漬けられます” というのが実現しているのでしょう。

ちなみに、昆布は旨味、唐辛子は味の引き締めや防虫のために加えらています。
手作りのぬか床にも入っていることが多く、おいしいぬか漬けになるぬか床の隠し味ということですね。

野菜をつけてみました。


袋が容器に!ぬか床の容器が不要でした。容量が大きい容器は100均で買えたとしても収納のスペースを取るんですよね…
もうこれ以上漬けられないとなっても、そのままポイして終了。

かんたん、お手軽、かさばらない。
主婦が喜ぶ三拍子がそろっているようなぬか床ですね。

もう少し詳しく知りたいときは、公式ページをご覧ください。
無印良品公式ページ 発酵ぬかどこ 1kg&補充用

実際に野菜を漬けた感想

1度にたくさんは漬けられない

野菜をこのくらい準備しました。白菜(茎と葉)、長いも、大根、ブロッコリーです。
底に野菜を置いてぬかをかけてを繰り返していき・・・

最初に用意した分量の半分くらいは残りました。
1度にたくさんは漬けられません。

残りは2回目の漬け込みへ… オーマイガーと思いきや、この2回目の漬け込みにより次の問題は解消されました。

おいしくない問題

口コミにも散見されるのがおいしくないというコメント。
確かに、しょっぱいのと苦いような酸っぱいような不思議な味がしました(1回目)

しょっぱいのは漬け込み過ぎが問題

浸透圧によって野菜の中から水分が出ていきますが、水分がでていったら今度は味が染み込みやすくなります。だから、野菜は漬け込みすぎるとしょっぱくなってしまいます。

ということで、漬け込み時間を減らしました。24時間から12時間くらいかな。
漬け込んでいる途中で味見をして、この辺かなというところで引き上げました。

苦いような酸っぱいような不思議な味の原因はビール酵母によるものだと思います。
ビール酵母、食べたことありますか? ちょっと苦いです。

ビール酵母と乳酸菌の発酵合戦の結果、苦いような酸っぱいような不思議な味が完成したんじゃないかなと推測しています。

不思議な味はよく混ぜたら解決したよ

これは結果論です。
1回目に漬け込んだ時、あれ?白菜の葉がない・・・って随分とグルグルかき混ぜたんですよ。2回目に漬け込む前も、水分が出てちょっとやわらかくなったな〜なんてグルグルとかき混ぜました。

その結果、2回目のぬか漬けは変な味がしませんでした。

パッケージには、“毎日のかき混ぜは不要です”と書いています。でも、あの不思議な味をニガテに感じたら今度はよくかき混ぜてみてください。ひょっとしたら、気にならなくなるかもしれません。

漬け物におすすめしない野菜

漬け物はなんでも漬けられるなんて聞いたことがあるかもしれません。あれは嘘ですよ。
白菜の葉はこんなことになりました。

しょぼしょぼ。探すのがたいへん。。
繊維質の少ない部分はしょぼしょぼリスクが上がります。大きめに切りましょう。
白菜の葉、ほうれん草の葉、水菜とか?

まとめ:無印『発酵ぬかどこ』は添加物が気になるけど、手間暇かけたくない方におすすめ

市販品は生産者からスーパーに納品されて食卓に届くまで輸送の時間がありますからね。添加物フリーのものを探すのも大変だと思います。

とはいえ、ぬか床を0から作るのも手間と暇がかかります。そして、手間と暇をかけたところで、おいしくできない場合もあります。(←ソースはわたし)

無印の『発酵ぬかどこ』なら、かんたんお手軽でかさばりません。
味もある程度は保証されています。

市販品の漬け物の添加物が気になるようでしたら、無印『発酵ぬかどこ』をお試しください。味については、漬け込み時間を工夫したり、かき混ぜたりしていい塩梅を探ってみてくださいね。


無印『発酵ぬかどこ』1kg